県職員の10万円でコロナ対策?パワハラだ!広島湯崎知事案は法的にどう?

県職員の10万円,コロナ対策,パワハラ,広島県知事,湯崎知事,法的気になるニュース
この記事は約3分で読めます。

ニュース見てビックリしましたね。

広島県知事の湯崎氏が、新型コロナ経済対策で全国民に給付される10万円を、なんと県職員の10万円を新型コロナ対策の財源に充てると言ってます。

休業要請に応じた企業に対する応援資金等々、新型コロナウイルスに関する財源の確保が難しいようなことを会見で言われてましたけど、だからといって、県職員個人に国から支給される給付金を広島県の財源とするっていうのは法的に大丈夫なんでしょうか。

スポンサーリンク

広島県職員の人数は?

広島県職員の人数が何人いるのか気になったので調べてみました。

広島県ホームページの「広島県の組織」というページに、

〇職員定数(平成31年4月1日現在)  総数:26,285人

と記載がありました。

県庁など広島県行政機関で働く人が5,746人、教育関係機関で働く人が14,830人、警察関係機関で働く人が5,709人。

合わせて26,285人です。

この人数に10万円をかけて計算してみると、2,628,500,000円。

約26億円の財源確保ということになります!!

あっという間に26億円の財源確保・・・。

国家公務員は新型コロナで給料が減ったりしないのだから、経済対策支援で給付される10万円を県が徴収してもいいだろうってことですか??

確かに現金給付金が10万なのか、30万なのか、いやいややっぱり10万円でと二転三転した時に、高額所得者や給料が減ることがない公務員は対象から外すべきだという意見が多く聞かれてましたけど~。

でも、国が国民に一律で10万円給付すると決めたのなら、国会議員であろうと国家公務員であろうと10万円もらえる権利は個人個人にありますよね。

広島県に職員は県に搾取され、隣の山口県や岡山県の職員だったら10万円もらえる。

それこそ不平等感満載じゃないですかね。

 

県職員の10万円を財源に充てるのは法的にどうなの?

県職員の10万円を新型コロナ対策の財源に充てるというのは、まだ「案」の段階のようなので、恐らくは県職員全員の承諾は得てないですよね??

こういうことを考えている。賛同してもらえる人は現金給付に手をあげて、その10万円を県に寄付して下さいという流れならまだしも、あのニュースを見た感じでは、問答無用で県職員は10万円を県に差し出しなさいって感じに聞こえました。

このニュースに対して、世間はどんな感想を持ったのかをリサーチしてみました。

国から国民に支給されるお金を、県職員が同意する場合は別として、知事が「強制搾取」できるのでしょうか。もしそれなら条例などの法的根拠が必要だと思います。

コロナ対策の現場は都道府県。全力で対策にあたる職員の士気にもかかわることです。知事がやるべきことは、職員の士気を高めること。パーフォーマンスではありません。

これはダメでしょう。個人の権利侵害です。他人の財産に手をつけることはご法度です。今回の給付金は、「経済を回せ」と言う趣旨で受け取って、「大いに使え」と解釈すべきです。

県職員分を取り上げる法的根拠は?知事がそんなこと職務命令したら究極のパワハラだ

まとめ

ちょっと衝撃的な湯崎知事の発表でしたね。

ツイッターでも炎上してトレンドになってますから、その反響の大きさを鑑みて考え直したりするでしょうか。

県職員当人やその家族は、知事に不満爆発じゃないでしょうか・・・。

 

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました