広島市の小中高で学校再開!自主休校すると欠席扱い?

広島市 自主休校 欠席扱い休校
この記事は約4分で読めます。

千葉県は県立学校の休校について、4月6日から予定通り再開するつもりだったのが、前日の4月5日になって急転の休校を決定しています。

このように、休校を延期する都道府県が多くある中、広島市の小中高は4月6日に入学式が行われ、在校生は4月7日から通常授業が始まりました。

もし、コロナウイルスに感染する心配から子供を自主休校させた場合、インフルエンザの時のように「出席停止扱い」になるのでしょうか。

それとも「欠席扱い」になるのでしょうか。

スポンサーリンク

自主休校は欠席扱い?それとも出席停止扱い?

2月末から春休みが終了する前日まで小中高は臨時休校となっていました。

学校を再開させるにあたり、文科省が各都道府県の教育委員会に宛てた「学校再開Q&A」の文書中に、目安となる記述がありましたのでご紹介します。

○ 医療的ケアを必要とする児童生徒等や、基礎疾患のある児童生徒等の中には、重症化
のリスクが高い者もいることから、主治医や学校医、医療的ケア指導医に相談の上、個
別に登校の判断をしてください(ガイドライン(P5)を参照)。
○ 登校すべきでないと判断された場合については、出席停止の取扱いができます。
○ 上記以外の児童生徒等については、保護者の方のご心配の内容に応じて、学校での感
染症対策について丁寧に説明するなどの対応をお願いいたします。

出典元:広島県教育委員会ホームページ

医療ケアが必要な場合、基礎疾患がある場合

元々、何らかの医療ケアを必要とする児童や、基礎疾患があり新型コロナウイルスに感染した時に重症化の恐れがあると医師が判断した児童に対しては、出席停止扱いになるようですね。

重症化リスクの高い児童

・糖尿病・心不全・呼吸器疾患等の基礎疾患がある
・透析を受けている
・免疫抑制剤や抗がん剤を用いている

実際に学校が再開するにあたり、広島市教育委員会に直接問い合わせた方がおられましたが、同様の回答を受けたようです。

上記以外で親が自主休校させたい場合

上記以外の児童の場合は、「保護者がどんなことに心配を抱いているのかを聞き取り、学校としての感染症対策について理解が得られるように説明する。」とあります。

感染が心配だからという理由で欠席した場合は、通常の欠席扱いになります。

マスクも手に入らないのに、学校へはマスク着用が必須となっています。

マスクを手作りする等して対応しなければなりません。

政府が1世帯あたり2枚の布マスクを配布することを決定していますが、感染拡大地域からの配布になるので広島に届くのはいつになることやら。

 

広島市が学校を再開させる理由

広島市で最近感染者が出ているケースは、京都や東京など他の都道府県からの移動に関係しており、市内発生ではありません。

その為、学校教育も子供にとって大切ということで、以下の3つの条件が重なりあわなければ再開してもよいという見解のようです。

3つの条件とは

・換気の悪い密閉空間
・多くの人が密集
・近距離での会話や発声

いわゆる3密を避けるということですが、どのぐらい学校現場で3密を避けることが出来るのかは、学校の規模にもよるのではないでしょうか。

児童数の多い学校で1クラス40人が当たり前の学校と、児童数が少なく1クラス20人の学校とでは、クラス密度が全く違うように思えます。

自主休校は欠席扱い?それとも出席停止扱い?の総まとめ

学校が再開した広島市の小中高で、自主的に学校を欠席した場合は欠席扱いになります。

中学校や高校では欠席日数は内申書に響くので、欠席に扱いになるのなら自主休校もためらわれますね。

ただ、感染者が今後増えていくようなら休校措置が取られるとは思いますが、学校で1人出ればあっという間にクラスター化してしまいそうで心配は尽きません。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました